蔵書検索
よくある質問
HOME > (現在の位置):よくある質問

よくある質問

窓口やお電話でよくお問い合わせいただくご質問をまとめました。
質問をクリックすると回答が表示されます。

■図書館の利用について(貸出、返却、期間延長、紛失)
新刊を借りることはできますか。
所蔵する本については、新刊であってもそうでなくても2週間借りていただくことができます。
ただし、雑誌最新号の他、一部ですが参考図書等の中には館内閲覧専用のものがあります。また、郷土資料など貸出期間が1週間のものもあります。ご不明な点は窓口へお尋ねください。
雑誌の最新号はなぜ借りることができないのですか。
ご承知のとおり、お1人にお貸ししますと2週間は館内にない状況になります。最新号は閲覧のご希望が多いので、館内閲覧のみとし、次の号が納品され、貸出手続きが完了となるまで貸出しは行っておりません。
とても大きな絵本がありますが、何冊まで借りられますか。
本の大きさなど形状による特別な制限はありません。通常どおり20冊以内であれば借りていただくことができます。
返却にあたっては開館中に窓口へお返しください。返却ポストには入りませんのでご注意ください。
3枚組のCDの場合、セットの1枚が貸出中などで順番に聴いたりできません。
かつては3枚組程度までのCDは、セット貸出として同時に同じ方へお貸ししていました。
しかし、インターネットからの予約が普及し、特定の曲を目的に予約される方が増え、「不必要なCDを借りる必要があり困る。」といったご意見を多数いただくようになりました。従いまして現在はどのCDセットも1枚ごとでのご利用を基本としています。セットの一部が貸出中の場合は、予約されるようお願いします。
市外の図書館から取り寄せてもらった本の貸出期間は1週間ですが、他の本と同じように2週間になりませんか。
他市町等の図書館と小牧市の図書館間での本の貸借は、その貸出期間が30日間と定められており、この期間には到着後の貸出準備(貸出用データ作成等)から市外の貸出館までの返送期間が含まれています。
さらに、小牧市においては借用窓口となる図書館(本館)と、各市民センター図書室や、えほん図書館間との往復配送日数を考慮します。
加えて、取り寄せ依頼された方への1週間の取り置き日数も加味する必要があります。このため申し訳ありませんが1週間の期限とさせていただいております。
確かに、受け取っていただく場所を図書館(本館)に限定させていただき、ご連絡直後に来ていただく運用とすれば、日数に若干の余裕がでますが、すべての方にお願いできることではありません。こういった図書館(本館)に近い方等、特定の方が有利となる運用は不公平となりますので、ご理解をお願いいたします。
本は借りた館に返さなければいけないのですか。
市内の図書館施設(本館、各市民センター図書室、えほん図書館)であればどこに返していただいても大丈夫です。
ただし、次の@〜Bに該当する本につきましては借りた館にお返しくださいますようお願いします。
<借りた館にご返却いただく本>
@夏休みの課題図書
A市外の図書館からお借りした(相互貸借)本
B団体貸出でお貸しした本
開館時間中に返しに行くことができません。どうしたらいいですか。
図書館(本館)や市民センター図書室には、建物外に「返却ポスト」か「返却口」があります。図書館(本館)と北里・味岡市民センター図書室には1階に、東部市民センター図書室は地下1階外側にあります。閉館中はその投入口へ本を入れてください。
えほん図書館(ラピオ4階)の休館時については、えほん図書館フロアー外側通路に返却ポストを設置します。
なお、CD、カセット、DVD、ビデオテープは他の本の重みで割れる恐れがありますので、返却ポストに入れないようにお願いします。
また、次の方の予約がなければ期限の延長が可能な場合があります。延長を希望されますときは、電話にてお問合せいただくか、インターネット予約用パスワードをお持ちであれば、利用者のページからご自身で延長をしていただくことができます。
今借りている本を続けて読みたいのですが、延長は1回までですか。
延長は1回までとなっております。なお、延長対象外の資料もありますので、「利用案内」の「貸出期間の延長を希望される場合」をご参照ください。
CDは延長できるのにDVDとビデオテープはなぜできないのですか。
CDはアルバムを購入しますので、クラシックなどを中心に同じ曲目が入ったものが複数あることがあり、ご希望が重なっても対応しやすい面がありますが、DVDやビデオテープは1点に1作品の収録がほとんどで、さらにCD以上に高額なため、どの作品も重複所蔵がなく、総数も少ない状況があります。
こういったことから、少しでも多くの方に借りていただく機会を持っていただくため、延長についてはご遠慮いただくようにしています。
借りている本を紛失しました。どうしたらよいですか。
できるだけ早めに窓口へお越しください。紛失された状況によっては後日拾得物としての届け出があるかもしれませんので、返却期限日の延長や督促対象外とさせていただく場合があります。
どうしても出てこない状況となりましたら、お借りになられた本と同一本を書店にて購入されるなどにより、その本をお持ちいただくようお願いいたします。絶版や品切れ等により同一本の入手が困難な場合は、同一分野で同等の本をお持ちください。
また、お借りになられた本を破損あるいは汚損した場合も、紛失時と同様に、同一本もしくは同一分野で同等の本をお持ちいただくようお願いします。
なお、紛失されたものがDVDの場合は、そのDVD購入代金による弁償となります。これは、個人で買い求められるDVDは、不特定多数の方への貸出許諾が取れているものでないため、お持ちいただいても図書館では利用できないからです。


■図書館の利用について(住宅地図、電話帳について)
住宅地図はありますか。
図書館(本館)と各市民センター図書室に所蔵しています。館内で見ていただくように、小牧市をはじめ、主に尾張地方の住宅地図を所蔵しています。
電話帳(タウンページ・ハローページ)は置いてありますか。
図書館(本館)及び各市民センター図書室に、愛知県、岐阜県、三重県内の最新版タウンページ・ハローページがあります。
なお、インターネット上で全国のタウンページを画像データで閲覧することができます(NTT東日本・NTT西日本提供)。
タウンページライブラリー(外部リンク) http://www.denwacho.ne.jp/


■図書館の利用について(コピー、学習室、インターネット利用など)
コピー機はありますか。コピーできないものはなんですか。
図書館(本館)と市民センター図書室にはご利用いただけるコピー機があります。所蔵資料に限り、調査研究の目的でコピーすることができますが、範囲や枚数などについては、著作権法の定めに従っていただくことになります。
また、雑誌最新号は著作権法上の問題がありコピーを制限させていただいております。詳しくは窓口にお尋ねください。
ご利用にあたっては、専用の申込用紙にお名前、コピーされる資料名とそのページ数、総枚数等をご記入いただきお申し出ください。
コピー機は1枚10円(モノクロ)です。申込用紙をお出しいただいた後、コインキット中へ枚数分の金額を投入され、ご自身にて操作してください。操作方法が不明の場合はお尋ねください。 なお、図書館(本館)のみカラーコピーが可能です。1枚50円です。
学習室はありますか。自習用の席は何席ありますか。
学習室はありませんが、図書館(本館)には各種事典・年鑑等を活用し、調べものをしていただくための席が3階の参考郷土資料室にあります。
席数は、どなたでも利用可能な席が40席、社会人専用が6席(持込パソコン利用可4席)です。
各市民センター図書室には、図書館(本館)のような調べもの専用といった席は設けてありませんので、席のご利用にあたっては読書をされます方に迷惑とならないよう配慮をお願いいたします。
DVDやCDを視聴できる場所はありますか。
図書館(本館)や市民センター図書室には、視聴できる場所はありません。一度に10枚まで借りていただけますので、ご自宅等でご利用いただきますようお願いします。
図書館でインターネットは使えますか。
図書館(本館)及び市民センター図書室には、調べものに活用していただくため、インターネット閲覧専用のパソコンを設置しています。
このパソコンは、窓口への申込みにより1回30分以内で利用いただけます。次のお待ちの方がみえなければ継続利用もできます。
ただ、このパソコンからは、著作権法上等の問題があり画面の印刷や特定ファイルのダウンロードはできません。プリンターも未設置です。
また、社会通念上望ましくないサイトの閲覧ができないほか、売買、メールのやり取りなど、調べもの以外の利用はできませんのでご了承ください。
自分のパソコンを持ち込み利用できますか。また、持ち込んだパソコンからインターネット接続できますか。
図書館(本館)では、持ち込まれたパソコンを利用していただける専用席を3階の参考郷土資料室内に4席用意しておりますので、こちらの席でパソコンをご使用ください。(各市民センター図書室、えほん図書館には専用席はありません。)
持ち込まれたパソコンや普及が進んでいますタブレット等について、これらと接続できる有線・無線LAN環境は館内にありませんので、インターネット接続については、ご自身で契約されているキャリア(通信事業者)がありましたら、そちらをご利用ください。
図書館で公衆無線LAN(Wi-Fi)は使えますか。
小牧市立図書館(本館)、各図書室、えほん図書館にはWi-Fiスポットがありませんので、ご利用いただけません。
飲食できる場所はありますか。
図書館(本館)には、飲食可能な休憩コーナーが3階にありますのでこちらをご利用ください。
市民センター図書室は、閲覧等の専用フロアーとなっており、飲食できる場所はありません。
えほん図書館については、商業ビル「ラピオ」内にあるため専用フロアーの外に飲食スペースがあり、別の階には飲食店があります。
館内にゴミ箱がないのですが。
図書館においては、ゴミの持ち帰り運動を実施しています。このためゴミ箱は設置しておりません。
休憩コーナーで食事をされた時などに、持ち込まれたものからゴミが出た場合は、お持ち帰りいただくようお願いします。


■図書館の利用について(その他)
子どものためにどんな本を選んだらよいか分からないのですが、相談できますか。
ご遠慮なくご相談ください。お子さんの年齢やご要望に応じた各種絵本や読み物をご案内します。
おすすめの本リストやコーナーはありますか。
月ごとに、季節や話題のコーナーを設けています。コーナーにある本のリストなど最新情報は、小牧市立図書館ホームページや小牧市公式ホームページに掲載しますのでご覧ください。
読み聞かせ会はいつどこでやっていますか。参加はどういう条件ですか。
読み聞かせ会を含め図書館主催の定期的な行事や随時行事は、その日程、場所、参加対象等について、各戸に配布されます「広報こまき」に掲載しますのでご覧ください。
市外の方などで「広報こまき」をご覧になれない方は、小牧市立図書館ホームページに掲載しますのでご覧下さい。また、小牧市公式ホームページにて「広報こまき」の画像データをご覧いただくこともできますので、そちらもご利用ください。
図書館から借りるCDやDVDを子ども会で利用したいのですが。
図書館のCDやDVDは、ご自宅等での個人的視聴を前提としたものですので、不特定多数の方々に対しての上映は著作権法上認められておりません。
ただ、図書館(本館)に併設しております「小牧市視聴覚ライブラリー」のDVD、ビデオ、16ミリ映画フィルムは、上映の許可が取れておりますので、子ども会などでの上映用にはこちらのものをご活用ください。
「小牧市視聴覚ライブラリー」に所蔵のDVD等は、小牧市立図書館ホームページトップにあります「視聴覚ライブラリー」コーナーより、利用方法や所蔵DVD一覧等がご確認いただけます。
図書館で困っていることは何ですか。
図書館はたくさんの皆さんがご利用される場所です。お互いに他の人の迷惑にならないように、マナーを守ってご利用いただきたいと思います。特に次のようなことは他の方の迷惑になりますので、ご遠慮いただきますようお願いします。

◆借りた資料を期限内に返却しないこと。
延滞している資料を返却いただくまで、次の貸出はできません。

◆図書館の本や雑誌、新聞などの記事や写真などを切り取ること。
切り取られた本や雑誌、新聞はそれだけで資料価値がなくなり、他のお客様に大変迷惑をかけます。また書き込み、落書きもしないでください。

◆図書館内で飲食すること。
皆さんの大切な本などの資料を汚さないために、また、図書館内の環境をより良くするために、図書館内での飲食やガムを噛むなどの行為はお断りしています。
なお、本館1階返却ポスト横に水飲み場がありますので、ご利用ください。また、持ち込みの軽い飲食のみでしたら本館3階の休憩コーナーがご利用いただけます。ただし、ゴミは各自でお持ち帰りください。

◆館内で携帯電話を使用すること。
他の利用者の迷惑となるため、閲覧室での使用はご遠慮いただいていますので、館外でご使用ください。


■貸出券(券紛失、券忘れなど)
貸出券を紛失しました。どうすればよいですか。
まれに拾得した人による不正使用の例がありますので、なるべく早めに窓口にて紛失のお申し出をお願いします。
お申し出いただきますと、不正使用を防ぐ手立てを行い、お申し出日より1ヶ月間有効な仮貸出券を発行します。
なお、1ヶ月以内に貸出券が見つからなかった場合は、あらためてお申し出ください。仮貸出券を回収し本来の貸出券を再発行いたします。
この1ヶ月の期間は、ご自宅内や拾得物として見つかる場合が多いため設けております。
なお、再発行は無料で行うことができます。
貸出券を忘れたときは借りることはできないですか。
貸出券をお忘れの場合は、窓口にある指定用紙にお名前、生年月日、電話番号等をご記入いただき、貸出券を忘れた旨窓口にお申し出ください。本人確認をしたのち、お貸しすることができます。
貸出券は発行してもらった館以外でも使えますか。
市内の図書館施設(本館、各市民センター図書室、えほん図書館)であればどこでも利用していただけます。


■予約(購入希望、取り寄せ、取り置き)
※インターネット予約については、次項のホームページ操作(インターネット予約)をご参照ください。
電話で予約申し込みできますか。
予約は、利用されます方の重要な意思決定と考えておりますので、ご本人確認ができる窓口か、ご本人のみがご存知のパスワード認証によるインターネット予約からに限らせていただいております。
また、予約は受付日時で順番を決めさせていただいており、電話ではその日時について客観的な記録がなく、順番の信憑性に疑問を持たれる方に説明ができませんのでこの点からも、お受けいたしておりません。
窓口でリクエストカードに記入し、本の予約をしました。申込館以外での受け取りはできますか。
窓口にてリクエストカードにご記入いただき予約された場合は、その用紙がある館がお受取いただく場所となります。これはリクエストカードのない館では、そのカードが手元にないため内容を確認できず確保後の処理が進められないためです。なお、利用者のページから変更することもできません。そのため、受取希望館の窓口へリクエストカードをお持ちください。
1枚のリクエストカードには、何点まで予約・購入希望の図書(資料)名を記入することができますか。
1枚のリクエストカードには、3点まで予約・購入希望の図書(資料)名をご記入いただけます。
なお、予約できる件数は1人20点までとなります(うち視聴覚資料は10点まで)。
(例)5冊予約・購入希望の図書がある場合
1枚目に3冊分ご記入いただき、2枚目に2冊分ご記入いただくことになります。
予約は20件までできるはずなのに、CDは10枚までしかできません。どうしてですか。
予約されたものを含め、本やCDなど資料の貸出可能数は、合計で20点までですが、その20点中に含めますCDやDVDについては10枚以内とさせていただいております。
CDやDVDは高額ですので同じものを複数購入することをいたしません。従って数が少ない上に、作品によっては利用希望が多いため、多くの方への貸出し機会を増やすため、枚数制限が設けてあります。
この制限に合わせ、予約していただける枚数も借りていただける枚数までとしております。
図書館(本館)を利用しています。市民センター図書室内にある本を取り寄せていただき、こちらの希望する日に受け取りたいのですが。
リクエストカードを図書館(本館)の窓口にご提出いただくか、インターネット予約で受取館を本館受取にしてご予約していただければ、図書館(本館)でお渡しすることができます。
ただし、お渡しする日時の事前指定はお受けしておりません。その理由は、貸出中の場合、現在ご利用中の方がいつどこで返却されるか特定できないこと、また、貸出中でない場合でも、ご予約された日時と他館配送日時のタイミングで条件が異なってくるので、確実な日時をお約束することができないためです。
複数巻からなる本を予約して、順番どおりに読んでいきたいのですが。
複数巻からなる本は、多数の方がご利用中のことが多く、人によってお読みになっているペースが違い、巻数順に返却されていくことがありません。
したがいまして、予約していただいた後に確保された巻がお読みいただく順番でないときは、前の巻が確保されるまでお取り置き期間を延長いたしております。
ただ、全3巻から4巻を超える作品につきましては、確保できました巻とお読みになりたい巻の間で時間的に大きな開きがでることがありますので、ご面倒ですが、3巻程度ごとに区切って予約いただき、お読みいただきながら順次予約される巻数を進めていっていただくようお願いいたします。


■ホームページ操作(インターネット予約)
インターネットから所蔵のない本の利用申し込みができないのですが。
所蔵のない本は、予約を付与していただくデータそのものがありませんので、窓口のみで購入希望としてお受けいたします。窓口のリクエストカードに書名等必要事項をご記入の上お申込みください。なお、市内に在住、在勤、在学の方へのサービスとなっております。
また、発売前から話題となるような未所蔵の新刊本への購入希望は、複数の方から同時期にお受けすることが多いのですが、この場合は、発注データを作成した後に、その書誌データに受付日時順に予約を付与しております。
なお、所蔵後はインターネットから予約していただくことが可能となります。
インターネットからの予約が最近できなくなりました。どうしてですか。
例えば、ご利用のパソコン等を新しくされた場合、そのパソコン内にあるブラウザー(ホームページを見るソフトウエア)が図書館の予約受付システムと互換性がない、あるいはブラウザーのセキュリティレベルが以前より高い、といった原因でできなくなることがあります。
その他の原因としては、貸出券の有効期限が切れている、ご返却忘れの資料がある、すでに貸出上限冊数(合計20点以内、ただし、DVDやCDは10点以内、参考図書2点以内)まで予約済み、といったことが考えられます。
状況をご確認させていただきますので、お電話か窓口にて一度お尋ねください。
インターネットから予約するときや図書館ホームページ内の「利用者のページ」に入るときに使うパスワードを忘れました。ホームページから再発行できないですか。
パスワードは重要な個人情報を閲覧していただくためのものですので、ご本人確認ができないホームページ内からは再発行しておりません。
ご面倒ですが、初めて仮パスワード発行を受けられたときと同様に、窓口にて指定用紙にお名前ご住所等をご記入いただき、合わせて免許証等をご提示ください。その場にて再度仮パスワードを発行いたします。
その後、その仮パスワードにて「利用者のページ」に入っていただき、改めてご本人のみが分かるパスワードへの変更をお願いします。
インターネットから予約するとき受取希望館を間違えました。どうすればよいですか。
予約いただいた資料は、確保されます(順番となる)とただちに移送用のコンテナ内に収められ、その多くは受取希望館行きの移送がなされていきますので、間違いに気づかれた時点ですでに確保済みとなっていた場合は、受取希望館の変更はできません。
従いまして、間違いに気づかれた時点で「利用者のページ」に入っていただき、予約一覧より確保前であるかどうか確認され、確保前であればその一覧の中にて変更していただくことができます。
インターネットから予約した本について、その予約をキャンセルするメニューがありません。
インターネットから予約された場合は、窓口でご記入いただくリクエストカードのような紙の記録がありませんので、あるはずの予約データがない場合、操作ミス等手違いで起きたものか、予約処理が何らかの原因で完了していなかったのか、勘違いがあったのか、記録がなにも残りません。
従いまして、予約のキャンセルは、ご本人からの申し出記録の残らない電話でもお受けしておりませんので、メールにてお名前、貸出券番号、キャンセルなさりたい資料名を連絡いただくか、ご本人が直接窓口へ申し出られた場合に限らせていただいております。
なお、メールで申し出られた場合は、そのメールを印刷し、お申し出記録として一定期間保存しています。また、スタッフにて行いましたキャンセル処理結果は利用者のページから確認いただけます。
ご連絡いただくメールアドレスはinfo@library.komaki.aichi.jpです。
ご面倒をおかけしますが、「予約したはずのデータが消えている。」「予約の順番が来ない。」といった問合せを時々いただきますので、このような記録が残る方法をとらせていただいております。


■ホームページ操作(検索、利用者のページなど)
館内のパソコンやインターネットから本の検索をしますが、望む内容がでてきません。どうやるといいですか。
検索においては、本の書名、著者名などに使われている漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベットすべてをキーワードとして検索することができます。
ただ、以下の例のように、わずかな違いでも検索できないことがあります。
例えば、書名『小牧の教育』を探される場合、書名どおり“小牧の教育”とタイトル欄に入力していただくか、“小牧”と“教育”という単語を両単語間にスペース1文字分入れて入力いただくことで検索できますが、“小牧教育”や“駒来”とか、ひらがなで“こまきのきょういく”と入力されますと、書名の文字と違うため検索できません。
図書館では、所蔵目録を作成する規則としまして、カナで読みを入れることにしていますので、書名等に使われる漢字やその他文字があいまいな場合は、上記の例では“コマキノキョウイク”や“コマキ”と“キョウイク”を間にスペース1文字入れてタイトル欄に入力していただきますと確実に検索できます。
今後、思うとおりに検索できない場合は、ひとまずはカタカナをキーワードにしていただきお試しください。
新しく入ったDVDの所蔵状況を知りたいのですが、どうすればよいですか。
図書館ホームページトップ画面から「本・資料を探す」→「新しく入った本」の順にクリックすると、初期設定で直近3ヶ月間の間に受け入れした一般書の一覧がでてきます。集計条件の資料を「一般書」から「DVD」に、受入期間を「3ヶ月」から「1年」に変更し、集計ボタンをクリックすると、直近1年間の間に受入れしたDVDの一覧が表示されます。
※DVDは高額なため毎月購入しておりませんので、受入期間は「3ヶ月」よりも「1年」で集計を行った方が新着状況を把握することができます。
登録した住所、電話番号、メールアドレスがインターネットから変更できないのですが。
ご登録いただいておりますご住所、電話番号、メールアドレスは、大切な個人情報となりますので、貸出券発行時や初めてメールアドレス登録されたときと同様に、指定用紙にお名前ご住所等を記入いただき、合わせて免許証等ご本人確認書類を窓口にご提示いただいてから変更しております。
ご面倒をおかけしますがご登録済みの内容に変更が生じた場合は、できるだけ早めに窓口にお申し出ください。
返却日に都合が悪くなったので、ホームページ内の「利用者のページ」から、いま借りている本の貸出期間延長をしようとしましたができません。
「利用者のページ」からは、次の@〜Eに該当する資料については貸出期間の延長ができませんので、ご了承ください。

<延長対象外の資料>
@すでに1回延長している資料
A返却日まで7日以上ある資料
B予約待ちがある資料
C映像資料(DVD、ビデオテープ)
D貸出期間が1週間の資料(参考図書、郷土資料など)
E返却日を1日以上過ぎている資料(※)

※「利用者のページ」での延長について
「利用者のページ」からは、システムの都合上「返却日を1日以上過ぎている資料」の延長はできないようになっております。@〜Dに該当していなければ、窓口やお電話にて延長できますのでお申し出ください。
予約の確保連絡メールが届きません。どうしてですか。
ご登録いただいたメールアドレスに間違いがない場合は、当館から発信しましたメールをお使いのメールソフトが迷惑メールと判断し、受信拒否または迷惑メールボックスへ送っていることが考えられます。
お使いのメールソフトにてyoyaku@library.komaki.aichi.jpを必ず受ける設定にしてみてください。


■えほん図書館について
えほん図書館で過去の新聞を読むことやコピーはできませんか。
えほん図書館は、子育て支援施設として蔵書をほぼ絵本のみとして設置いたしました。
したがいまして、一般の図書館と違い、各種の新聞や雑誌を広く一定期間収集保存し、それらの過去分を閲覧していただけるサービスは行っていません。また、コピー機器も設置しておりません。
なお、併設の休憩スペースには、新聞雑誌コーナーがありますが、こちらは、お子さんが絵本を選ばれている間、お過ごしいただきやすいようにと、最新の新聞や雑誌が置いてあります。(小学生未満のお子さんは、必ず大人と一緒にご利用ください。)
ご面倒をおかけしますが、過去の新聞の閲覧、各資料のコピーといった図書館本来のサービスについては、図書館(本館)、各市民センター図書室をご利用ください。
えほん図書館には小学生や大人向けの本はありませんか。
えほん図書館は「図書館」という名称ですが、絵本を通しての子育て支援を目的とする施設ですので、主に赤ちゃんから小学校低学年向けの絵本・紙芝居、外国語の絵本、子育てに関する本などの所蔵のみとなります。
えほん図書館でインターネット利用はできますか。
えほん図書館は「図書館」という名称ですが、絵本を通しての子育て支援を目的とする施設ですので、通常の図書館にあるようなサービスは行っておりません。
図書館(本館)や各市民センター図書室には、各種ホームページを閲覧し、調べごとに活用していただける専用パソコンがありますので、こちらをご利用ください。
ただし、あくまでもホームページ閲覧専用ですので、画面内容の印刷、メールの送受信、特定ファイルのダウンロード等、法律上の問題などでご利用いただけない機能がありますのでご承知おきください。

↑このページの先頭へ


サイトマップ
Copyright (C) KOMAKI CITY LIBRARY, All rights reserved.
小牧市立図書館
〒485-0041 愛知県小牧市小牧5丁目89番地
TEL 0568-73-9951
FAX 0568-73-7772
お問い合わせ info@library.komaki.aichi.jp